2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

Doll Master 第4話
飯場正臣

 男は服を着たまま、対面座位の格好で目隠しした美沙の身体に両腕を回して抱きしめた。
 ちょうど、胸のあたりに顔を埋め、深呼吸している。

「いい匂いだ・・・。お前みたいないいオンナと座ったまま抱きしめ合うなんてたまんねえぜ・・・」

 美沙は自分がいいオンナだと思ってはいなかった。
 そして、抱かれているだけで抱き合ってはいない、とささやかな訂正を心の中でしていた。
 男の身体に腕を回すことは、何もかも受け入れるようで抵抗があったのだ。

「あふっ」

 男がまた左胸を舐め始めた。
 身体を強く抱きしめて、ぺろぺろとリズミカルに刺激してくる。
 そのうちに男は美沙を引き寄せて寝転がった。
 自分の上に美沙を乗せたまま、器用に身体を曲げて胸を舐めているのだ。

「美沙、腰が動いてんじゃないか?」

 乳首を軽く噛んだり舐めしゃぶられて、彼女はぐしょぬれのあそこを男の腰にこすりつけるような動きをしてしまっていた。
 男の股間はすでに固くなっており、ジーンズ越しにでもそれがわかった。

「気持ちいいんだろ・・・? もう片方のおっぱいも舐めて下さいって言えよ」
「ん・・・んん・・・い、いやぁ・・・」

 美沙はすでに異常な状況と男の舌技で官能を狂わされていたため、舐めて欲しいと思っていたが、そんな恥ずかしいことは口にはできなかった。
 男は胸にむしゃぶりついたまま、美沙の尻を両手で揉むように強く自分の股間に押しつけた。

「はあ・・・あはぁ・・・」

 下半身が密着し、感度が増幅する。

「たまんねえよ、美沙」

 男は今度は両手で美沙の顔を挟み、口の中に無理矢理、舌を入れてきた。
 唇をべろっと舐め、吸い付くようにキスをしたり、舌をこじ入れて口の中をかき回したりする。
 乳首をこね回しながらの熱烈なキスに、いつしか美沙も舌を絡ませて、どんどん興奮していった。
 男は美沙の髪をかき乱し、頭を抑えてディープキスを続けた。

「んふっ・・・んんんんん・・・」

 ぴちゅぴちゅ、れろれろ、ちゅっ。

 顔を左右に交代しながら、美沙も積極的にキスを受け入れ、やがて、男の髪をなで回すようになっていた。

「はあはあ・・・」

 長いキスが終わり、男は最後に彼女の頬をべろぉっと舐めた。
 美沙にはそれがなぜか気持ちよかった。

「恥ずかしいならおねだりしなくてもいい・・・。こっちも舐めていいか?」

 男は右の胸をまさぐって、そう聞いた。

「う、うん」

 素直な返事に気をよくしたのか、男はていねいに美沙が待ち望んだ右の胸にむしゃぶりついた。

「あああ・・・あはぁ。んん・・・んんん。はあはあ・・・」

 れろれろれろ。

 焦らされた挙げ句の男の愛撫に、美沙は身体をくねらせて反応した。
 声もさっきより大きくなっていた。

「んはぁ・・・あはぁぁ・・・くぅ」

 アブノーマルな状況での男の愛撫は、美沙の脳を完全に麻痺させ、ホテルで恋人に目隠しされて胸をまさぐらせるかのように喘いだ。
 男はたまに口を離して、手でこね回したり、指で乳首をつまんだりして、その間に美沙の口にもしゃぶりつく。
 美沙はそれを受け入れて、自分からも舌を絡ませていた。
 公園に来るまでの自分の気持ちなど忘れ、ただただ快感を求めてキスを返した。
 美沙が上にいるため、どうしても口の外で唾液が下に流れていってしまうのだが、男はそれを全部舌ですくい集め、飲み下してしまう。
 ハアハアと興奮した息遣いを荒げ、美味い美味いと言いながらごくごく喉を鳴らす男に、美沙は母性さえ感じ始めた。
 最初は恥ずかしくてたまらなかったが、息を荒くして夢中でディープキスを繰り返すうちに、男の舌をフェラチオするようにくわえてみたり、少し顔を離して舌先で相手の唇を舐め合うなど、およそ恋人ともしないような大胆なキスになっていった。

 両方の胸を揉まれ、自分は男の上に乗って首に抱きついてキスをしている。
 もじもじと腰を男にこすりつけ、まるで前戯が終わったら、すぐにでも男の肉棒を受け入れるかのような錯覚に陥っていた。

「ああ、美沙。ほら気持ちいいか?」

 ぴちゅぴちゅ、ちゅばぁ。

「あはぁん・・・はぁはぁ・・・うん・・・いい・・・」

 今までに付き合った男とはまるで違っていた。
 入れることばかり、射精することばかり考えていて前戯などおざなりだったものだ。
 この男は胸とキスだけで自分を夢中にさせている。

 お互いの身体を服の上からまさぐりあっていた時、突然、男の動きがぴたっと止まった。

「うん・・ううん・・・んはぁ・・・????」

 美沙は男の顔を撫でながらキスを繰り返していたが、男がまったく動かずに自分を抱きしめていることに気が付いた。
 途端に恥ずかしさがこみ上げてくる。
 男が何もしていないのに、自分から絡んでいたのだ。
 そして、今さらながらに目隠しされていて、相手がまったく見えないことを実感させられた。

 身体を横にされて男の上から降ろされる。

「美沙、今度は電話かメールをする」

 そう言って、がさがさと草を踏み分ける音が遠ざかっていった。
 今まで我を忘れて淫らに興奮していたが、美沙は相手のペースに持ち込まれたことを思い知らされた。

 おそるおそる目隠しを取ると、手の届くところに携帯電話が置いてあった。
 あの口ぶりだと携帯のプロフィールを見られたのだろう。
 急に冷静さを取り戻して、美沙はどうしようもない後悔と不安でいっぱいになった。
 ふと胸が露わになっていることに気付き、慌てて下着を着けて、服を元に戻す。
 襟もとから唾液の匂いがしてくると、それを一刻も早く風呂で落としたくなった。

 時計を見ると8時を過ぎていた。
 公園には1時間以上もいたことになる。
 そそくさと公園から出ると、美沙は早足で家に向かって歩き始めた。
 その途中でメールが入った。

「美沙、明日はスカートを履いてこい。メルマガのように何度もイカせてやる。いいな? お前は見知らぬ男に目隠しされておっぱいを揉まれただけでキスをせがんでくる女に成り果てたんだ」

 美沙は泣きそうな気持ちになりながらも帰宅を急いだ。


第5話に続く

2010/07/13 初版
2010/09/01 『ノクターンノベルズ』に転載

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system