2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

Doll Master 第7話
飯場正臣

 男はライトを消し、運転席から降りて、タバコをくわえたまま、助手席側に歩いてきた。
 あたりはかなりの暗闇に包まれている。
 助手席のドアを開けて、左腕を取るともうひとつの手錠をかけた。
 握られた力が強かったのと、すでに片腕を固定されていたので抵抗する気もなくなっていた。
 屋根部分に付いている手すりにもう片方が固定された。
 美沙は両手を軽く広げるような格好にされてしまった。
 男は美沙のリクライニングシートを倒し、両手がもっとひっぱられるようにした。

「何をするの?」

 小さな声で聞くと、ぶっきらぼうに「続き」と答えが返ってくる。
 暗闇の中で青姦されるのかとも思っていたので、車内に固定されたのは意外だった。

 男はドアを閉めて、助手席の後ろのシートに入り込んだ。
 ごそごそと音がして、男が目出し帽と偏光グラスを取ったことがわかった。
 これだけ暗いと男の顔はまったく見えない。
 だから目隠しされないのか、と思った。
 後ろのシートから、美沙の服をたくし上げてくる。

「なんだブラを着け直したのか。そのままノーブラでいるのかと思ったぜ」

 男はぶつぶつ言いながら、ホックを外さずにそのまま胸の上に下着をずらした。
 美沙は露わになった胸を隠そうにも、手錠ががちゃがちゃ鳴るだけで、手を動かすことができない。
 男は後ろから、そっと美沙の両胸を下から持ち上げるようにして触った。

「美沙・・・好きな方を選べ。俺はこのままお前のおっぱいを揉みながら唾液を塗りたくるようなイヤらしいキスを、続きをしたいと思ってる。今度はおっぱいだけじゃない。お前のズボンの前を開けて、マ○コもイクまで可愛がってやる。それがいいか? それとも嫌か? 好きな方を選べ」

 男の声は周囲の闇に合わせるように静かだった。

「嫌です。帰らせて下さい!」

 美沙は恐怖感もあって、強く言った。

「そうか・・・つまり優しいのはつまんないってことか」

 男が後ろの席でごそごそと何かを取り出している。
 突然、胸に痛みが走った。
 車内も外も暗くてよく見えなかったが、右の乳首に洗濯ばさみをはさまれたらしい。

「痛っ! やめて下さい!」

 美沙は手錠をがちゃがちゃいわせて身体を揺らして痛がった。

「静かにしろよ・・・左は針がいいのか?」
「ひっ・・・」

 すくんでしまい、思わず動きを止めているところに、左の乳首にも洗濯ばさみをつけられてしまった。
 男は胸を揉み、たまに洗濯ばさみを軽く弾く。
 半分感覚が麻痺してしまったが、それでもかなり痛かった。

「美沙はやっぱりいやらしいな。洗濯ばさみがはさめたってことは、乳首を立たせてたわけだ」

 そう言って、男はさっきよりも荒く美沙の胸を揺すった。
 大きい胸が揺れると、先端がこすれて痛かった。

「い・・・痛い。もうやめて下さい。本当に痛いんです」
「へへへ、どんな顔して耐えてんのか見えないのが残念だ」

 男は後ろの席から降りて、美沙のいる助手席のドアを開けた。
 片手で強めに胸を揉んでくる。

「なあ美沙。おとなしくしてくれないか? ズボンを脱がしたいんだがな・・・」

 美沙は足は自由なので、さっきから痛いと足をばたつかせていた。
 こんなことをされて、なおかつズボンまで脱がされるなんてまっぴらだった。
 美沙は黙って両足をばたばたさせた。

「わかったよ。洗濯ばさみを取って欲しいのか?」
「・・・」

 美沙が無言で頷くと、男はいきなり左胸の洗濯ばさみをひっぱって外した。
 パチンと音がして、これまでにないくらいの痛みが美沙を襲った。
 しかも、またすぐにはさんでくる。

「いやぁぁ」
「なんだ取って欲しくないのか? どっちだよ」

 男はからかうような口調で美沙に言った。

「うう・・・うううう」

 美沙が痛みに耐えきれずに泣き出すと、男は美沙のズボンのボタンに手をかけた。

「最初からおとなしくすればいいんだ」

 美沙の嗚咽を聞きながら、男は彼女のズボンをゆるませて、するりと抜き取る。
 真っ暗な周囲とさらに暗い車内で、美沙は覚悟をしなければいけない時が来たとぼんやり考えていた。


第8話に続く

2010/08/03 初版
2010/09/23 『ノクターンノベルズ』に転載

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system