2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

小奴隷 (1)
飯場正臣

 1時間目は体育があった。
 最初の授業で身体を動かすのは苦手という生徒も多いのに、変な時間割だって皆が言ってる。

 僕も身体を動かすのがすごく苦手で、どうがんばっても走るのと鉄棒が克服できない。
 整列すると前から3番目。
 背も低い。

 親や親戚はそのうち伸びるって言ってくれるけど、僕にしてみれば、今、背が高くなりたいって思う。
 体力も腕力もないから、バカにされることも多いんだ。

 今の年だと勉強が出来るよりも、体育が出来る方が目立つしモテる。
 まあ、僕は勉強もあまり出来ないんだけど・・・。

 今日の1500走は本当にきつかった。
 たぶんクラスで一番遅かったと思う。
 どれくらい遅かったのか分からないくらい疲れた。

 かっこわるいよ・・・。

 図工と家庭科は男子と女子で別れるのに、体育は一緒。
 いつもみっともないところを見られる。

 どうせなら図工が一緒ならよかったのに。
 これだけは得意。
 プラモデルを作るのが趣味だから、何かを作るのは得意なんだ。
 絵はちょっと苦手だけど、それでもヘタクソだって言われたことはない。

 女子よりも体力がないなんて恥ずかしいよ。
 今日も恵ちゃんが見てた。
 いいところを見せたいと思っても、息が上がっちゃってぜんぜんダメだった。

 恵ちゃんは勉強も運動も出来る。
 髪が長くて、すごく優しいから大好きなんだけど、これは誰にも言ってない。
 男子なら好きな人は多いと思う。
 お前なんかに釣り合うわけないって言われると傷つくから、ほんとに内緒にしてる。

 たまに体育館のマットの所で男子が集まって、好きな人を言い合ったりしてるけど、もちろん言わない。
 ・・・っていうか、そういう話に入れてもらったことないけど。
 あんまり男子の友達いないし。
 もちろん、女子もいないけど。

 クラスに空気みたいな生徒って1人くらいいるよね。
 おまけにDQNネームで、クラス替えがあってもいつもぼっちになる・・・。
 それが僕。
 鹿島鋭剣(かじま・せいばー)。

「鹿島ー、ちょっと来なよ」
「え、なに?」

 クラスの女子に呼ばれた。
 まだ着替えてないのに。
 早く着替えないと2時間目が始まっちゃうよ。

「こっちこっち」
「僕、まだ着替えてないから・・・」
「そんなのいいから早く!」

 強引に体操着を掴まれて、引っ張られた。
 これだからイヤなんだ。
 力で女子よりも弱いなんて。
 それに恵ちゃんならこんなことしないと思う。
 おしとやかで優しい女子は恵ちゃんくらいしかいないんじゃないかな。

 ショートカットで茶色がかってる髪、無駄に元気がよくて大きな声。
 恵ちゃんと正反対のこいつは森本美樹。
 粗暴で男子みたいなタイプだ。
 可愛いっていう男子もいるけど、僕はきつい女子っていうイメージしかない。
 ツリ目だし、すぐからかってくる。

 ていうか、森本だって体操着のままじゃないか。
 また何か手伝わされるのかな。
 前にもあった。
 校庭のプランターを倒したとか、体育用具をしまうのを手伝えとか。
 理由なんて聞かなかった。
 僕が弱そうだからだよ、どうせ。

 ついて歩くと姉弟みたいでイヤだ。
 5センチくらい森本の方が背が高い。
 まあほとんどの女子が、恵ちゃんも含めて、僕より背が高いんだけど・・・。


(2)に続く

2012/08/21 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system