2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

小奴隷 (5)
飯場正臣

「美樹、躾けるわよ」
「そうこなくっちゃ♪」

 え? なに?
 な、なにをされるんだよ、もうやめてくれぇ。
 森本が僕を仰向けに転がして馬乗りになってきた。

「お、おも・・・」
「躾け躾け♪」

 そのままのしかかってきた森本に髪の両サイドを掴まれた!

「いいいっ! 痛いって!」
「私はさ、真由の足を舐めた唇だってキス出来るんだよ?」
「え?」
「恵たんのためにとっておきたいんじゃないのぉ?」
「・・・」
「おとなしくしなよ」
「う、うん」
「キャハハ、よしよし。あんたはさぁ、この状況を幸せに思うべきだと思うよ」
「な・・・なんで・・・」
「クラスでも人気がある2人が、あんたみたいなチビスケを相手にしてるんだよ?」

 望んだわけじゃない!
 無理矢理じゃないか、こんなの。

「真由の唾液を飲めるなんて、健全な男子ならふつーはおっきしちゃうでしょ」
「・・・」
「しないんだ・・・変態のすることだって思ってるんだ?」
「う、うん」

 森本がまた跳び箱に座った矢野を振り返る。

「真由、いいの?」
「いいわよ」
「じゃ、ヘンタイにしちゃお♪」
「?」

 ぺっ

「うわ!」

 突然、森本が顔に唾を吐きかけてきた。
 髪を掴まれてるので逃げられない!

 ぺっぺっぺっ

「やめて! やめてよ!」

 顔中に唾をかけられた・・・。
 すごい匂いがする。

「鹿島ぁ・・・顔がベトベトになってるよお?」

 ぺっぺっ

 ボタボタと唾を垂らされたり、吐きかけられて、呼吸が苦しくなってきた。
 く、くるしい。

「鼻に入っちゃうから、口で息すればいいんだよ」

 だらあぁぁぁぁ
 ぺっぺっ
 ぷっ

「ぐぁ・・・」

 口にも入ってくる。
 耳の方まで唾が垂れてきてる気がする。

 れろぉぉぉぉ
 れろれろ・・・ちゅば・・・

 森本が顔を舐めてきた。
 鼻の周りから、額、頬もまぶたも、顔中に舌を押しつけて。
 すぐ近くに森本の顔があって、いやらしく舌を出している。
 唇だけは残されている。
 恵ちゃんとの時のためにとっておいてくれてるんだ。

「アハ♪ 目がとろ〜んってなってるよ、鹿島」
「うぐ・・・」
「ほ〜ら、ほ〜ら。れろれろれろぉ・・・ぺっ!」

 な、なんかヘンな気分になってきた・・・。

「私のぉ、くっさい唾で顔がどろどろじゃん」
「うう・・・」
「ねぇ・・・」
「・・・」
「もっと舐められたいよねぇ? 可愛い女子に汚されたいよねえ?」
「う、うあぁ・・・」
「飲みたいって言って・・・」

 もう考えがまとまらない。
 臭いのに、なんかいい匂いみたいな気がしてきた。

「美樹のおいしい唾液がもっと飲みたいって言えるよねぇ?」
「う、うん・・・飲みたい」
「いい子いい子、はい、あ〜ん」

 とろおぉぉぉ

 ゴクゴク

 普通に唾液を飲めるようになってきた。
 女子の唾って美味しいのかも・・・。


(6)に続く

2013/08/20 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system