2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

小奴隷 (19)
飯場正臣

「んはぁ〜〜〜、いいわ・・・あん、感じるぅ」
「べろべろべろ」
「もっと、もっとよ! あはぁ・・・んんんん、いいわ、そこいいわ!」

 ぷっくりと膨らんでる割れ目の上にある突起に舌を這わすと、矢野の腰がびくびく震えて、ぬるぬるした液がだらだら出てきた。

「ぬ、濡れる・・・あ、ああああ・・・んはぁ・・・感じるぅぅぅ」

 じゅるじゅるじゅるじゅる

「いひぃぃぃぃぃ、んひぃ・・・そ、そろそろ・・・あああああ、そろそろぉぉぉ」
「んくっ、んぐぅ、れろれろれろれろ」
「で、出るぅぅ! く、口を開けなさい! は、早くなさいっ! あはぁぁぁぁ」
「?」
「はあぁぁぁぁぁぁあ」

 ぷしゃぁぁぁぁぁぁぁ

「うわぁ!」
「お飲み! 全部飲むのよ!」

 矢野がおしっこをかけてきた!
 こんなのひどいよ。
 女子のお股舐めてたら・・・おしっこが・・・。

「こぼさずに飲みなさい・・・そうよ、そう! ああ、その顔たまらない!」
「ゴクゴクゴク」
「あ〜あ、ものすごく固くなってふくらんでる。ヘンタイすぎぃ〜」

 ぷしっ・・・ぱしゃ・・・

「ハァハァハァ・・・こ、こんなにこぼして・・・出来の悪い奴隷だわ」
「げほっげほっ!」
「綺麗になさい。舐めとるの」
「げほっっ! は、はい・・・」

 ひだひだも穴の奥も舐めて、おしっこをきれいにした。
 おしっこに混じって、ずいぶんぬるぬるも付いていた。

「美樹、ちゃんと撮れた?」
「バッチリ♪」
「うふふ、お前は私のものよ。岩崎に見せてあきらめさせようかしら」
「や、やめて・・・はぁはぁ、それだけはやめてよ」
「なら、今度から私のことを想って、自分でするのよ? いいわね」
「は、はい・・・」
「もう・・・びしょびしょだわ。美樹は取り返したみたいだし、おしっこまみれになってる私のパンティをあげるわ。それでするのよ」
「あ・・・ありがとうござい・・・ます」
「そうね・・・明日からもよおしたらお前を呼ぶから」
「?」
「私専用の便器よ。奴隷にはぴったりだわ」

 矢野が高笑いした。
 機嫌だけは直ったみたいだ。

「真由、ここを鹿島に掃除させるから、先に帰ってなよ」
「そう? なんだか悪いわ」
「私は見てるだけだし」
「それではお先に失礼するわね」

 パンツを履いてないからスースーするのか、少し濡れてしまったワンピース・ドレスが気持ち悪いのか、矢野はあっさりと体育倉庫から出て行った。
 僕はまだおしっこの水たまりに転がって、ぜえぜえ息をしていた。
 森本が振り返る。
 見たこともないくらいに冷たい目をしている。

「この浮気者・・・」


(20)に続く

2014/03/18 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system