2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

小奴隷 (20)
飯場正臣

 ばしゃ!
 だらだらだら

「うわぁ!」

 おしっこまみれになってる矢野のパンツを頭からかぶせられた。

「や、やめてよ! びしょぬれになっちゃうよ」
「裸なんだからいいじゃん・・・」

 無表情で森本が怖い顔をしている。
 不安になる。
 掃除させるっていうのは矢野を追い出すために思えてきた。

「そんなに真由のおしっこが美味しかったわけ?」
「おいしいわけないよ・・・」
「美樹のヘンタイドレイになるって何度も言ったくせに、嬉しそうにパンツもらっちゃって」
「置いてっただけじゃないか。それに矢野を焚きつけたのは森本・・・ぎゃっ!」

 いつの間にか靴を脱いでいた森本がニーハイを口に突っ込んできた。
 く、くるしぃ・・・。

「美樹さまって言いなよ・・・」

 冷たい目で見下ろしてくる森本。
 こわい!
 ミニスカートの中には何も履いてないままだった。

 ぐぐぐ

「くるひぃ! ぐるひいいいい」
「美樹さまって言うんだよ、鹿島」

 本気で怒ってるんだ。
 森本がこんな風になるなんて!
 こわいよ、機嫌を直してもらわないとこのまま窒息しそう。

「み、みきひゃま・・・」

 口に突っ込まれている爪先を舐める。
 両手に捧げ持つようにして、仰向けのまま、大きく口を開けて足の裏まで舐める。
 白いオーバーニーソックスは意外にすべすべしていた。

「・・・」
「んぐんぐんぐ」
「ご機嫌とってるわけ?」
「ぺろぺろぺろ・・・みきひゃま・・・」
「岩崎のことが好きで、相原さんのクンニ用おもちゃで、真由の専用便器なんでしょ」
「みきひゃま・・・んぐ・・・みきひゃま」
「美樹のことだけ想ってシコシコするって言ったくせに! 真由にも同じこと言った!」

 ぐぐぐぐ

「んーーーー! んんんーー!」
「浮気者にはおしおきだよ・・・」
「んんんんん」
「美樹が汚してあげる・・・どろどろにして鹿島を犯すの・・・」

 冷ややかに見下ろしたままの森本が静かに言った。
 とにかく怖かったけど、僕は倒錯した悦びっていうのが分かった気がした。


(21)に続く

2014/04/01 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system