2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

Doll Master 3 第13話
飯場 正臣 feat.大和武尊

 メッセージを送った男は、木宮に送った時のようにドキドキした。
 あいつは知能が低すぎた可能性もある。
 男だからかかりやすかったのかもしれない。
 自分で研究していない以上、未知数だった。
 何より美砂は女だ。
 復讐の方法は変える。
 欲望のすべてをぶつけてやろう。
 そういう意味でも心拍数は上がっていた。

 前の経験から、無駄にフリーアドレスの受信箱をリロードしたりはせずに、男はぬるめのインスタントコーヒーを煎れることにした。

<Pipipi...>

 お湯を沸かしている間にノートPCからビープ音が鳴った。
 まさか?
 男は目を丸くした。
 それでも落ち着いてコーヒーを淹れてからノートPCへと向かう。

 美砂からメールが来ていた。
 こんなにうまくいくのかと驚くくらいに正確な文面。
 送信ミスをして、自分のメールがそのまま返ってきたのかと思うくらいだ。
 まるで本当の依頼メールのようだった。
 明らかに本人から送られてきたと分かるのは、男がまだ調べていない彼女の住所が記されていることだった。

「ハハハ・・・偉大だな催眠術は」

 男はつぶやいた。
 まだ復讐の内容も決めていないのに、さっそく網にかかるとは。

「裏の世界へようこそ、美砂。俺への依頼料は高くつくぜ」


第14話に続く

2015/12/08 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system