2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

Doll Master 3 第56話
飯場 正臣 feat.大和武尊

 モソハソ仕様にカスタマイズしまくった3D乙とP乙Pの撮影も終わり、美砂と男はのんびりお茶を飲んでいる。
 美砂は一仕事やり終えたような顔をしていた。
 男が笑う。

「まだ狩りが始まってませんよ」
「そうね」

 美砂も微笑んだ。

「あとは捨てておくので、美砂さんはマニュアルとか保証書と一緒に本体をバッグに入れて身軽に帰れます。あの袋は大きすぎるんじゃないかとは思ってたんですよ」
「うん・・・」

 すっかり帰り支度が出来て、しかもおみやげ付き。
 美砂の気分は高揚していたが、うつむいてしまった。

「どうしました?」
「本当にもらってもいいの?」
「犯罪者からのプレゼントはまずいですかね・・・拾ったってことにするのは・・・」
「ねぇ・・・」
「はい」
「出す?」
「?」

 美砂が顔を上げると紅潮していた。
 じっと見られて、男が動揺する。
 意味が分かったのだ。


第57話に続く

2017/02/07 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system