2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

Doll Master 3 第63話
飯場 正臣 feat.大和武尊

 男は2人分の飲み物を持ってドリンクバーから戻った。
 美砂はまだ難しい顔をしている。

「どうぞ」
「ウチはね、ぜんぜん違う」

 男がカップを置くなり、美砂が口を開く。
 相変わらず礼を言われなかったが、だいぶ慣れてきていた。

「は?」
「女は黙ってろ。女に何が分かる。女に政治が分かるか、参政権など与えるからバカなタレント議員が生まれるんだ。女が職場でチャラチャラするから節操のない男が不倫をするんだ。そこまでしなくても気が散っていて使い物にならない・・・そんな感じ。感じっていうか、本当に言われることもしょっちゅう」
「(前時代的な男だな・・・もっと年上でもっと了見の広い男性はいくらでもいるのに)」
「男尊女卑も楽なところはあるけどね。はいはいって言ってれば、男は満足だろうし、給仕係にでもなったと思えば、旦那がいない間は自由だし」
「エサですか・・・」
「そっちの給餌じゃなくて、メイドの方ね」

 美砂は笑った。
 気の強そうな顔は変わらないが、どことなく元気がなさそうだ。

「あんたはどう思う?」
「なんですか?」
「女ってどう思う?」
「うーーーーーーーーん・・・」

 男は考え込んだ。
 じっくりと考えたことのない分野である。
 そもそも接点がなかった。


第64話に続く

2017/03/28 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system