2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

僕の彼女は戦国マニア (20)
P・鴨川 feat.ライターC

「これが真実だ。番記者にはこれを流す。民間人が知る情報こそが真実だ、いいな。
 お前達はここにはいなかった。赤城山には来なかった。
 事件に巻き込まれるわけもなかった」
「ええ!?」
「分かりました」

 分かっちゃうんだ!
 そうなんだ!

「どうしても話したくなったら、誰に話しても構わんがホラ吹き扱いされるのは覚悟しな。ネットでもいいぞ。小説風にして書き込めば、凡人共から妄想乙って言ってもらえる」
「ハハハ…」
「嬢ちゃんは先にこいつの車に行っててくれ。駐車場に停めてある」
「…」
「坊主、キーを渡してやりな」
「あ、はい」

 僕が車のカギを持っているのに、どうして車を持ってこれたんだろう?
 レッカー???

「ああ、そうだ。嬢ちゃん」
「なんでしょう」
「5連装じゃ撃鉄直下の弾は抜かないんだ」
「…」
「ラバー製のトリガーセーフティが支給されててな。引き金の裏に詰めときゃ引けなくなる。装弾数がただでも少ないのに4連発になったんじゃ可哀想だろ?」
「…失礼します」

 うわぁ…なんかむぎむぎの雰囲気が変わっちゃいましたよ。
 おしっこ覗いちゃやーよ? とか言ってるあたりまでは、可愛い女の子で、どこにでもいる美人大学講師だったのに。

「そ、それじゃ僕も…」
「待ちな」


(21)に続く

2014/04/22 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫2に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system