2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

学院騎士 サンガイオン (10)
大和武尊

 次の朝、オレは朝食のパンを食べながら、オフクロに自分が如何に子供だったかを話した。
 そして、それを知っていてなお、普通に接してくれていた友達や先輩がありがたいかを。
 台所で2人分の弁当を作っていた(オヤジも弁当派なのだ)オフクロは、シンクに向かって適当に聞いている風だったが、いつものようにテーブルに弁当を置いてくれた時、「ありがとう」と言ってみた。
 オフクロは何も言わずににっこりしていた。

 そこに髭を剃りながら歯を磨くという離れ業をしながら、新聞を小脇に抱えてダイニングに入ってきたオヤジが、

「かーひゃん、こーひー」

 と言いながら、椅子に座る。
 これまた、いつもの光景だ。
 どれか1つにしなさいな、とたしなめられるも、オヤジは耳がないような顔をしている。

「タケル」
「ん?」
「オレにもとーちゃんがいたんだ、実は」

 そりゃそうだろうと思った。
 祖母が細胞分裂したとは思えない。

「タケルのじーちゃんにあたる人だな」
「ん、分かるよ」
「タケルが生まれた時、親父つまりタケルのじーちゃんはこう言ったんだ。“坊やの床屋代にしておくれ”ってな」

 な、なんの事だ?
 いつもながら、オヤジの話は唐突かつ突拍子もない切り口だ。

「じーちゃんもとーちゃんも“びよーいん”なんてハイカラなものは知らん。だが、今や世界は小さくなったと言えるだろう。なんだろー君のあらゆる質問に答える物知り博士的ツールである、インターネットという情報取得装置で朝まで検索したところ、その野郎は床屋っぽいという事実が判明した」

 オフクロがコーヒーを置いたあと、背中を向けて肩で笑っている。
 朝まで検索してたって・・・。

「その時のだ。持ってけ」

 オヤジが1万円札を2枚出してテーブルに置いた。
 今や目にすることのない聖徳太子バージョンだった。
 本当にお祖父さんがくれたものだろう。
 筆で書いたと思われる字で“御髪斬り代にて候”と表にある封筒も一緒に。
 ドエライ達筆だ。
 つーか、大正生まれにしたって時代がかっている。

「ちょっと待ってよ!」
「なんだ?」
「そんなに高くないよ。それにまだもらった小遣い残ってるって」
「かーさんがタケルの髪を切らなくなったら渡そうって決めてたんだ」

 オヤジはそう言うと、そっぽ向いてコーヒーを飲みだした。
 くすくす笑いながらオフクロがオレの分のコーヒーをテーブルに置く。

「もらっておきなさいよ。お父さん、タバコ代がなくなってもそのお金には手をつけなかったんだから」
「そっか・・・って、オヤジってタバコ吸うのか!?」

 心底びっくりした。
 背広がタバコ臭いことはしょっちゅうだが、会社の同僚が吸っていたり、飲み屋で移った臭いだと思っていたのだ。
 家で吸っているところを見たことがない。

「日に2箱は吸うぞ」
「タケルが生まれてから“あいつには微々たる煙も吸わせねえ!”って、ずっと外で吸ってたの知らなかった?」
「よけーな事を言うんじゃない、かーさん。いいから持ってけ。余ったらガッチャメンのメンコでも何でも買えばいい」

 いや、逆にそんなんプレミア付いちゃって買えないんですが・・・。
 何だよ何だよ、皆して。
 オレが成長するのを黙って見守ってたような事してさ。
 涙腺が緩んじゃうじゃないか。

「あ、ありがとう。これ髪を切るためだけに使うよ。余ったらとっとく」
「おいおい、礼なんて言うんじゃねーよ気持ち悪ぃ・・・礼ならじーちゃんの仏壇に線香でもあげとばいいんだよ」

 か、感動だ!
 オレは食べ終わってから、すぐさま仏壇に線香を上げた。
 線香だ、ロウソクだ、位牌だとごちゃごちゃ置かれている上に、花や仏具が所狭しと並べられている。
 考えてみれば線香をあげるのは久しぶりだ。
 小さな仏壇の中に、さっき見たのと同じ字を見つけた。

「何だ、これは?」

 位牌の前に、メモ書きのように置いてある。
 重し代わりなのか、なぜか差し歯がその上に鎮座していた。

<誤りを正す力有する者、其れを以て真の義を成すべし。刃を以て邪を絶たん、全ては民の為に>

 よくは分からないが、何となくカッコイイと思った。


(11)に続く

2012/12/18 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫2に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system