2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

Menu / Menu (Frame On)

学院騎士 サンガイオン (14)
大和武尊

 ズバゥウゥウウン!

「おそろしく遠くに墜落してございます」
「・・・」
「お嬢様、お怪我は?」
「ありがとう、蘇我さん。私は大丈夫です」
「山本様のおかげですな」
「ねぇ、蘇我さん・・・」
「はい、お嬢様」
「タケルくんは小さい頃から変身するヒーローに憧れていたの」
「はい。わたくしもたまに怪人役を仰せつかりました」
「私達を助けてくれたのはサンガイオンさんよ」
「え? ・・・ああ、はい。かしこまりました」
「ごめんなさい、蘇我さん」
「いえ、とてもよろしゅうございますな。わたくし、年甲斐もなくワクワク致します。サンガイオン様はどなたなんでございましょう」
「ふふふ、そうね。どなたかは知らないけれど・・・きっと素敵な方よ」
「はい、お嬢様」


 *


「おーーーい」

 ハアハア、ぜえぜえ。
 やっと2人が見えてきた。

 5、6キロは走った気がする。
 ヘソ出しルックの制服で。
 落っこちても怪我ひとつしなかったけど、変身を解く合い言葉を「セット解除」に指定登録して、ゴントにそれを知らせて、どっかのオエライさんがそれを受理して、そのあとでやっと生身に戻れた。
 落ちたのが川で良かったよ。
 誰かの家だったりしたら、バラバラになってたんじゃないだろうか。

 ふうふう・・・く、車も無事なようだな。

「あ、タケルくん!」
「山本様、ご無事で」

 2人は元気そうだ。
 蘇我さんの額と頬がちょっと腫れてるかな。
 でも大事には至らないだろう。
 本当に良かった。

「2人とも大丈夫だった? 奴らに殴られて遠くまで飛ばされてね。まいったよ」

 静ちゃんと蘇我さんは顔を見合わせて微妙な顔をしたが、すぐに笑顔でオレの心配をしてくれた。
 ほっ・・・。
 バレてないようだ。
 オレはちょっとカッコワルイけど、いいんだ。
 正義の味方は・・・変身ヒーローってのはそういうものだし。
 スーパーメンの頃からの伝統芸だしね。

「山本様、大丈夫でございますか? さぞや痛かったでありましょう」
「タケルくん、私達はサンガイオンという方が助けてくれたのよ」
「サンガイオン? 知らないなあ・・・でも、助けてもらえてヨカッタネ」


 *


 こうして、学院騎士サンガイオンは悪の野望を1つ阻止した。
 ク・リトル・リトル学院の魔の手はすぐに世界へと広がるだろう。

 がんばれ、山本タケル!
 負けるな、サンガイオン!

 そうそう、サンガイオンが誰かはキミも秘密にしておくんだゾ!


「学院騎士 サンガイオン」終わり

2013/02/26 初版

前話へ ≪─≫ 次話へ
書庫2に戻る
▲Page Top▲

Profile / Library / Library2 / Gallery / Comic / Column / Occult Post / Kaku-duke / Warehouse / Blog / Link

2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.2010-2016 (C) e+- - All Rights Reserved.

inserted by FC2 system